• Introduction

When manufacturing teak engineered flooring in the factory, a high proportion of surface defects is often detected in the quality inspection. These defects typically manifest as scratches or dents that are oriented vertically to the grain, with lengths of approximately 1 to 3 cm, and they are quite shallow. These defects can usually be eliminated by sanding. As illustrated in the following image, the scratches frequently appear as single or multiple lines at the end or edges of the boards, and they become very apparent after painting and finishing.

工場でティーク製のエンジニアリングフローリングを製造する際、品質検査で表面の欠陥が高い割合で検出されることがよくあります。これらの欠陥は通常、木目に垂直な方向に長さが約1から3センチメートルの傷やへこみとして現れ、浅いものが多いです。通常、これらの欠陥は研磨によって取り除くことができます。以下の画像に示すように、これらの傷はボードの端やエッジに単独または複数のラインとして頻繁に現れ、塗装や仕上げ後に非常に目立つことがあります。

So, how are these scratches and indentations produced?

これらの傷やへこみはどのようにして生じるのでしょうか?

  • How come?

Let’s start with the conclusion: The scratches and dents are a result of small sand particles and pebbles on the surface of the unfinished boards being squeezed and rubbed against each other during the stacking process. So, where do these sand particles come from on the teak unfinished flooring boards?

結論から始めましょう。これらの傷やへこみは、未仕上げのボードの表面にある小さな砂粒や小石が積み重ねの過程で互いに押しつぶされ、摩擦されることによって生じます。では、ティークの未仕上げのフローリングボードにこれらの砂粒はどこから来るのでしょうか?

The teak engineered flooring in the factory requires exposure to sunlight before the painting process. This exposure allows the teak to undergo photo-oxidation, resulting in an improved surface color and enhanced beauty.

工場でのティーク製エンジニアリングフローリングは、塗装工程の前に日光にさらす必要があります。この日光への露出により、ティークはフォトオキシデーションを経て、表面の色が向上し、美しさが増します。

(Referring to the previous article to understand why teak needs to be air-dried.)

(ティークが風乾状態にされる必要がある理由を理解するために、前の記事を参照してください。)

In order to achieve a uniform sun exposure and maximize the absorption of sunlight, unfinished teak flooring boards are laid flat on the ground, which inevitably causes sand particles and pebbles from the ground to adhere to the back of the boards. When these boards are stacked together, it results in surface scratches and dents.

均一な日光への露出を確保し、太陽光の吸収を最大化するために、未仕上げのティークフローリングボードは地面に平らに敷かれます。これにより、地面から砂粒や小石がボードの裏面に付着する避けられない状況が生じます。これらのボードが積み重ねられると、表面に傷やへこみが生じます。

  • How to prevent?

To prevent sand particles from adhering to the back of the flooring in the sun exposure process, we place spacer strips underneath the boards, creating a small gap between the boards and the ground. Although it’s not entirely feasible to eliminate sand particle adhesion, this approach substantially diminishes the chances of surface damage resulting from sand particle abrasion. Typically, having fewer than 5% of the boards with surface scratches or dents is considered acceptable.

日光への露出プロセスで床の裏面に砂粒が付着するのを防ぐために、ボードの下にスペーサーストリップを配置し、ボードと地面の間に小さな隙間を作ります。砂粒の付着を完全に排除することは難しいですが、このアプローチによって砂粒の摩耗による表面損傷の発生確率が大幅に減少します。通常、表面に傷やへこみがあるボードが全体の5%未満であれば受け入れ可能とされます。

Using spacer strips to lift the teak flooring boards in sun exposure offers multiple advantages. It not only prevent sand and pebbles but also provides additional benefits. To promote the teak’s photo-oxidation reaction and maintain consistent moisture levels, preventing potential cracking and warping due to uneven air-drying, the boards are misted with water four to six times daily. Employing spacer strips to establish a separation between the boards and the ground effectively prevents water from collecting at points of board-ground contact or on the upper surface, thus averting localized water saturation.

ティークフローリングボードを日光にさらす際にスペーサーストリップを使用することは、複数の利点を提供します。これにより砂や小石の付着が防がれるだけでなく、追加の利点も得られます。ティークのフォトオキシデーション反応を促進し、一貫した湿度レベルを維持することにより、不均一な風乾によるひび割れや反りを防ぐため、ボードには1日に4から6回霧吹きが行われます。ボードと地面の間に隙間を作るためのスペーサーストリップを使用することにより、ボードと地面が接触するポイントや上面に水がたまるのを効果的に防ぎ、局所的な水の飽和を回避します。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *